多重債務に陥る原因はこんなところに!

クレジットカードは便利なもので、分割払いにすれば月々の返済も少額に抑えることができます。
これが収入の範囲内、それも家賃や光熱費などを除いた可処分所得の範囲内であれば十分に返せるのですが、少額だからと件数を増やしてしまうことで重い負担になります。
また、夏冬のボーナス払いでの支払いも注意が必要です。
ボーナスは給与と違い、会社の業績次第で変動する収入です。
もし、業績が悪化してボーナスの減額あるいは支給ゼロとなった場合、返済の充てはなくなることになります。
失業や転職でも同じケースが言えます。
月々の支払いの原資にしていた分が失業などでなくなると、たちまち返済に苦しむことになります。
住宅ローンについても然りで、ボーナス併用で月単位の支払いは少なくなりますが、併用月は月の支払いとボーナス払いの二重の返済を抱えることになります。
消費者金融などで一時的にしのげても、新規の借り入れ分を含めて負債は膨らみ、多重債務へとつながります。
大事な点としては臨時的な収入ではなく、確実に入る収入で返済を計算すること、そして万一の時を考えて返済に余裕を持つことです。
会社の倒産はいつ起こるか分からないものです。
また、倒産でなくても収入減ということもあります。
万一のこと、最悪のことは考えにくいものですが、利用する時は最悪のケースも想定することが大切です。

コメントは受け付けていません。